4月を感じられる日本酒と日本料理の組み合わせ

ed_MG_3969

日本酒に合わせた日本料理を食べられる居酒屋・神田わだつみです。 4月も後半にさしかかり、急に気温が上がってきました。 桜もすっかり散ってしまいましたね。 忙しくて花見どころではなかった、という方もおられるのでは。 そんな方は、舌で4月を味わってみてはいかがでしょう? 今回は4月を感じられる日本酒と日本料理の組み合わせをご提案します。

ed_MG_3945

まず最初は、「三つ葉と桜海老のかき揚げ」をご紹介します。 4月直前に解禁されたばかりの駿河湾の桜海老を贅沢に使った一品です。 サクっとかじれば、桜海老の旨みが口いっぱいに広がります。 本場・駿河湾の桜海老なだけあって、小さな殻にずっしりもっちりと身がつまっています。 まろやかな藻塩をちょっとつけてお召し上がりください。

ed_MG_3935

「三つ葉と桜海老のかき揚げ」に合わせるべき日本酒は、神奈川県の「隆」です。 この日本酒は蔵元の川西屋酒造店が、ごくわずかな日本酒専門店にしか卸していない限定品です。 純米吟醸酒らしく、口から鼻へと通っていく優しい香りが特徴です。 飲みあきしない一本なので、リピートする方も後を絶ちません。

ed_MG_3951

「三つ葉と桜海老のかき揚げ」と「隆」という組み合わせでは、 カリっと揚がった桜海老の香りと、日本酒の香りのハーモニーを楽しめます。 優しい味わいの日本酒が、口の中をほどよくリセットしてくれるので、食も進みます。

ed_MG_3960

続いてご紹介するのは、「初鰹のタタキ」です。 初鰹は、「女房子供を質に入れてでも食べろ」と言われたほど、江戸では珍重されていました。 今でも初鰹を楽しみにして、神田わだつみにご来店される方がいらっしゃいます。 鰹は鹿児島産のものを使用しています。 南の海流に育まれた初鰹のみずみずしい味わいで、春を感じてください。

ed_MG_3932

「初鰹のタタキ」に合わせるべき日本酒は、群馬県の「群馬泉」です。 「群馬泉」は蔵元の島岡酒造の看板商品です。 そのため様々なラインナップがありますが、ぜひ合わせるべきなのは「超特撰純米」。 口あたりの良い酸味のバランスが絶妙で、魚の旨みと喧嘩しません。 料理に奥ゆきを与えてくれます。

ed_MG_3965

「群馬泉」はぬる燗にすると、ぐっと旨みが増した味わいに変化します。 「初鰹のタタキ」の旨みとの相乗効果を体験してみてください。 ed_MG_3972

今回は4月を感じられる日本酒と日本料理の組み合わせを紹介しました。 ゴールデンウィークも近くなれば、ほっと一息つける日も来るはずです。 そんな時は、季節を感じられる日本酒と日本料理の組み合わせを提供している神田わだつみにおこしください。