9月ころの日本酒と日本料理

日本酒に合う日本料理を楽しめる居酒屋・神田わだつみです。

9月になった途端に涼しくなってきましたね。

ひやっとする風も吹いてくるこのころになると、日本酒好きなら、「ひやおろし」が楽しみになってくることでしょう。

今回は、「ひやおろし」2種類とそれに合わせた日本料理を紹介します。

 サンマの刺身に合わせるのなら漁港の町で生まれた日本酒

ed_V5A6498

最初に紹介するのは、秋の代名詞ともいえる「サンマ」です。

秋のはじめころは、サンマも脂の乗りがまだまだ控えめ。
ですので、焼いて食べるよりも、刺身で食べるのがお薦めです。

もちろん、脂が乗ってきたら焼いたものもお出ししています。

ed_V5A6511

 

サンマの刺身に合わせるのなら、青森県の陸奥「八仙」の火入れしたものがおすすめです。

陸奥「八仙」は、漁業の町・八戸で生まれただけあって、もともと魚介との相性が抜群です。

火入れしているものですと、海鮮魚の味わいを、日本酒が邪魔されることなく、さっぱりと楽しめます。

むしろ米の旨みが合わさって、新たな境地が見えてくるかもしれません。

ぜひ、ひとつお試しください。

秋野菜の天ぷらに合わせるのなら美酒の代表「鳳凰美田」

ed_V5A6505

多くの作物が収穫の時をむかえる秋は、野菜にも美味しいものが多くなります。

神田わだつみでは、そのときの仕入れに応じて秋野菜のてんぷらをお出ししています。

海の旨みをしっかりと感じられる藻塩を、ちょっとつけてお召し上がりください。
ed_V5A6504

秋野菜の天ぷらにあわせるのなら、料理に負けない個性をもった日本酒がおすすめ。

鳳凰美田なんか、とても合うのではないでしょうか。

優美な香りが、深まった野菜の香りと合わさって、秋到来の喜びを感じられる組み合わせです。

ed_V5A6515

秋は何を食べても美味しい季節。

体も、長い冬を迎える前に、美味しいものを求めています。

そんな時期だからこそ、色々な日本料理と日本酒の組み合わせを試してみませんか?

日本酒と日本料理の好みの組み合わせを見つかれば、食の楽しみがまたひとつ増えます。

日本酒に慣れていないけれども、興味があるという方は、ぜひ神田わだつみにお越しください。

お客様の好みに合った日本料理と日本酒の組み合わせを、ご提案いたします。