日本酒業界の異端児♪

この間までの暑さがうその様にすっかり秋らしく過ごしやすい季節になって参りました。
先日、趣味である草野球で指を負傷し仲間に多大なる迷惑をかけてしまっているわだつみのクッキングダディこと黒田です。

前回に引き続きオススメの日本酒のご紹介♪♪
秋田県の銘酒「新政」さんについてでございます。
実はここ数年私のブームというか何と言いますか
大好きな日本酒の一つです。
あまりに好きなので秋田まで蔵見学まで行っちゃったくらい好きです。
若手醸造家のなかでもスター的存在の新政酒造社長兼杜氏の佐藤祐輔さん(39)は、異色の経歴をもっておりなんと東京大学文学部卒(通常蔵の跡取りの方は農大などで醸造学などを学ばれる方が多いようですが)。。。在学中はビートルズとボブ・ディランが好きな文学青年。アメリカ文学にどっぷり漬かり、20代で世界中を旅し、ヒッピーカルチャーの足跡を追っていたそうです。卒業後はジャーナリストとなり順風満帆な生活を送っていたそうですが、ある時飲んだ静岡の『磯自慢』のうまさに衝撃を受け、家業を継ぐ決意をしたそうです。
2007年、32歳で蔵に戻り「8代目」を継承すると「伝統の蔵が、意味不明の狂った蔵になった」と本人が笑うように、斬新な酒蔵に生まれ変わりました。仕込んだお酒をフレンチオークの樽で寝かせたり、焼酎で使用する白麹を使ったり、原酒造り無加水でアルコール度数を15度(通常原酒無加水のお酒だと17〜20度の度数)程度で仕上げたり。
新政酒造は伝説の「6号酵母」発祥の地。低温でも醗酵力が強く、東北の寒冷地でも酒造りを可能にした革命的酵母で、彼の曾祖父が発見者でした。しかし、味や香りの個性が弱いため、次第に使われなくなります。佐藤さんはまず、その昭和5年生まれの、半ば忘れられていた旧型酵母を、現代の土俵に引っぱり出し
“現存最古”の酵母がもたらす、涼やかで奥ゆかしい香りは、華やか一辺倒だったトレンドに一石を投じる新鮮な「作品」となりました。以来、秋田県産米と六号酵母と奥羽山系の湧き水だけ、添加物一切なしの生もと造りで、シンプルな醸造を徹底。いつしか、そのブランドイメージは「ザ・ネオクラシック」と呼ばれるまでになりました。

なかでも今回仕入れたお酒はワインの様なモダンなジャケットが印象的な「No.6 type-S  純米吟醸スペック」です。
まさに白ワインの様な独特の酸味と控えめですが華やかな吟醸香。
開栓したては新政ならではのピリピリとした超微発泡感。日本酒はあんまり、という女性にも是非オススメしたい一杯です。
当店のお料理ですと今が旬の柿とクリームチーズをちょっぴり入れた白和えなんかとベストマリアージュです。
ご来店お待ちしております☆

こちらが秋田市の新政酒造♪

ここで日本最古の協会6号酵母が見つかったそうです。メチャメチャ雰囲気醸しだしております。

次回は御茶ノ水のイチョウ並木にも銀杏の実がつき始めてきたという事で
銀杏に合うお酒を探そうと思うクッキングダディでした☆