御茶ノ水 わだつみの日本酒紹介

御茶ノ水にある神田わだつみです。
わだつみでは、全国から厳選した日本酒を取り揃えております。
本日は、日本酒好きな方には知ってるよ!と言われてしまいそうですが、
これから日本酒を楽しみたいという方に日本酒の種類・製法についてお教えします。

日本酒の種類,・製法の違いについて

純米酒とか大吟醸とか名前だけは聞いたことがある方は多いと思います。
これらは名前ごとに製法や原料が定められていて総称して特定名称酒といいます。
これらを分類すると

純米酒
特別純米酒
純米吟醸酒
純米大吟醸酒
本醸造酒
特別本醸造酒
吟醸酒
大吟醸酒

の六つに分類できます。
この6つをどう区別しているかというと
1、「米と水で作られているか」
2、「米は何割削られているか」
によって大別されます。

1、日本酒はには米と水のみで作られるものと、それ以外に「醸造アルコール」が添加されている種類がある。
米と水で作られているには日本酒のみ「純米」がつき、米本来の香りがより楽しめる日本酒になります。
2、米は芯に近づくほどでんぷんが強くなるため日本酒は米を削り芯に近い部分だけを使うのだが良いお酒ほど沢山米を削って作られています。そして特別に吟味をして低温でじっくり造る作り方を吟醸造りと呼びます。
また、精米歩合とは、米が何割削られ何割残っているかを示す数値であり低いほど沢山米を削っていることになる。精米歩合70%以下を本醸造、吟醸造りで精米歩合60%以下を吟醸酒、吟醸造りで精米歩合50%以下を大吟醸酒と呼びます。
「醸造アルコール」を添加する理由としては、アルコールを添加することで発酵を止める働きがあります。
味の均一化が図れるというメリットがあります。

このことを踏まえまとめると、
純米酒(精米歩合の規定なし、アルコール添加をしていない)
→米本来の香り、うまみが楽しめる。
写楽
DSC02232

 

 

 

 

特別純米酒(精米歩合60%以下、アルコール添加をしていない)
八海山
DSC02234

 

 

 

 

純米吟醸酒(精米歩合60%以下、アルコール添加をしていない)
→米本来の甘み、果物のような香りがある。
十四代
DSC02233

 

 

 

 

純米大吟醸酒(精米歩合50%以下、アルコールの添加をしていない)
→米本来の甘み、コクがあり、果物のような香りが特に高い。
獺祭
DSC02235

本醸造酒(精米歩合70%以下、若干のアルコールを添加)
→純米酒より淡麗でまろやかな味わい。

吟醸酒(精米歩合60%以下、若干のアルコールを添加)
→淡麗ですっきりとしている。果物のような香り。

大吟醸酒(精米歩合50%以下、若干のアルコールを添加)
→すっきりと飲みやすく、果物のような香りが特に高い。

これが特定名称酒のざっくりとはしてますが違いです。
次は、火の入れ方による味の違いをお伝えしたいと思います。