コース・単品メニュー

コースメニュー

4,500円コース

今年もやってきました、忘年会の季節。この季節にぴったりのコース料理をご用意しました。
DSC03797

じゅんさいや鯛など旬の食材を取り入れたコースです。
大人数でのご宴会におすすめです!
飲み放題プランも1500円・2000円・3000円プランとセットで大人数のご宴会にもお勧めです。

4,500円コース内容

先付け
ふろふき株とチェリートマトの鰹だしコンポート
DSC03792

サラダ
自家製ツナと彩り野菜のミックスサラダ
ブラックオリーブと醤油のドレッシング
DSC03775

お造り
板長厳選旬のお造り盛り合わせ2種
DSC03774

焼き
寒ブリの幽庵焼き
DSC03780

お肉
牛ハラミの陶板焼きステーキ
DSC03789

握り
江戸前握り寿司5貫
DSC03783

汁物
赤出汁
デザート
抹茶最中
※・仕入れの都合により、多少メニューの変更があることもございます ご了承ください。

《飲み放題(2時間)1,500円〜》

ビール/焼酎/日本酒/各種サワー/梅酒/ソフトドリンク

単品メニュー

新メニュー 黒毛和牛と季節野菜の陶板焼き 1,800円

陶板焼き
柔らかいロースをジューシーに焼き上げ、野菜と一緒に陶板で蒸しました。蓋を開けた瞬間の湯気と音、匂いすべてが食欲をそそる逸品です。

絶品 季節の茶碗蒸し 600円から

茶碗蒸し
とろりとしたあんがたまらない茶碗蒸しです。

銀だら 西京味噌漬け焼き 1,200円

西京味噌づけ
脂がのった大ぶりの銀ダラはぷりぷりの絶品です。お酒との相性も抜群。是非ご賞味ください。

和牛のさっと炙りのてごね寿司

和牛寿司
口の中で香ばしい和牛がとろけます。最後に必ずお召し上がりになる方が多いです。

名物!黒毛和牛の特製メンチカツ 1ヶ500円

DSC_9965 さくさくの衣とジューシーな国産和牛、こだわりのソースをご堪能ください。自家製デミグラスソースとの相性がたまりません。。

火薬たっぷり海鮮爆弾納豆 800円

DSC_9965

一度食べたら病み付きです。常連さんに大人気のメニューです。
日本酒・ビール・焼酎何にでも合います!

本日のお刺身

DSC_9889まぐろ二種盛り 1,200円

五点盛り 2,600円

七点盛り 3,500円

まぐろはまぐろ問屋から直接買い付けております。
まぐろは冷たい海でとれたまぐろがおいしいので、いつもでも同じ場所の海がうまいとは限りません。ですので季節によって産地を変えることで状態のいいマグロを仕入れています。また、白身は仕入れたものをすぐさばいた方がぷりっとしておいしいですが、魚によっては1晩寝かせてからさばくことでアミノ酸が増え旨味が増します。

魚沼直送こしひかりの土鍋ご飯

33二〜三人前 980円

四〜五人前 1,600円

新潟県魚沼より直送で届くお米を、オーダーを頂いてから土鍋でふっくらと炊き上げております。土鍋は熱伝導率が悪く、温かくなるまでに時間がかかりますが、急激に温度が上がります。急激に炊き上げられたお米はつややかでしっかりと立ち、おいしくなるのです。

その他メニュー

JA直送和牛のイチオシ!!

牛タタキのサラダ仕立て
牛串味噌漬け
黒毛和牛岩塩ステーキ

マグロ問屋直営店わだつみの鮪料理

天然インド鮪のお造り
鮪の熱々陶板焼き
鮪テールの煮付け
鮪ねぎ間串焼き
鮪酒盗和え
三種まぐろづくしの握り寿司

厳選〆ごはん

魚沼産コシヒカリ土鍋ごはん
銀シャリ 300g
500g
本日の炊き込み土鍋ごはん
300g
500g
かつおだし香るお茶漬け
(明太子・いくら・梅・のり)  570円
(白身魚のごまだれ・牛タタキ) 780円
冷たい稲庭うどん
香の物盛り合わせ
焼きおにぎり 1ヶ         300円

焼物

旬の鮮魚
鮪トロ
自家製いかの一夜干し焼き
本日の漬け魚
『匠』の大山鶏岩塩焼き〜柚子胡椒添えorすき焼き風〜
彩り野菜ときのこ

揚物

名物シーフードスティック春巻き(1本〜)
大山鶏の唐揚げ山椒風味
天ぷらの盛合せ
本日の海老真丈

鮮魚のお刺身

お刺身盛合せ(1人前1,500円〜,お任せ3点盛り1,500円〜)
鮪問屋の鮪刺身
真鯛のお造り
真鯵姿造り
生ダコ薄造りポン酢添え
生ウニ
本日の貝刺し

わだつみの逸品

京もろ味噌のもろきゅう
黒糖空豆
炙り明太子のおつまみ
香の物盛り合わせ
本日の茶碗蒸し
海鮮たっぷりサラダ
季節のおひたし
タコのやわらか煮
海鮮桃太郎のスープサラダ仕立て
わだつみの酢の物〜杉板炙りの海鮮とともに〜
ほやとこのわたの塩辛
鮪酒盗和え

おまかせにぎり寿司

鮪・鯵・生ダコ・鯛・帆立
イクラ・サーモン・生ウニ
海老・カンパチなど      200円〜

細巻き 本日のロール寿司   700円〜

今月のお料理

ed3V5A3157
7月の日本酒に合う日本料理。夏めく素材で季節を楽しむ。

日本酒に合う日本料理を楽しむことのできる居酒屋・神田わだつみです。

今年は猛暑になるそうです。

寒いほどの冷房が効いたオフィスと、ぎらつく酷暑の屋外を出たり入ったりしていると、体がおかしくなりそうですね。

なんだか体の調子がおかしい、というときは旬のものと適量のお酒でリラックスするのがオススメですよ。

それでは、7月ならではの日本酒に合う日本料理をご紹介します。

ed3V5A3142

 

最初にご紹介する日本酒は、今ブームの「夏酒」から。

日本酒といえば、秋口の「ひやおろし」と初冬の「新酒」がこれまで有名でした。

近年注目されているのが、夏に飲むためにつくられている「夏酒」。

渇いた喉をうるおすようにゴクゴク飲める爽やかな飲み口が人気の秘密です。

写真の「船中八策」は氷点下でつくられる日本酒です。

そのため酵母の働きがスローになり、澄んだ味わいに仕上がります。

こちらは高知県の司牡丹酒造が製造しています。

高知県では広くその名を知られており、海鮮、特にカツオに好んで合わせられています。

ed3V5A3150

「船中八索」に合わせていただきたいのが、大和丸なすの田楽です。

茄子の旬は夏。旬の茄子は、あふれでるエキスの味わいと、歯ざわりが一級品です。

特に大和丸なすは、噛みごたえがあるいっぽうで、口のなかを季節の香りで満たしてくれます。

この大和丸なすを、八丁味噌で田楽に仕上げました。

茄子の内部をくりぬき、小さく切ってから、戻すというひと手間をかけています。

ed3V5A3157

甘辛い味噌が染みこんだ旬の茄子と、心地よい喉ごしの夏酒を、一度合わせてみてください。

夏の到来が待ち遠しくなる味わいです。

ed3V5A3149

 

続いてご紹介するのは、福島県の宮泉銘醸がつくっている「寫楽」です。

この日本酒はただの純米酒ではありません。

ラベルにははっきり書いてあるのですが、「純愛仕込み」とのことです(笑)

本当か嘘か、ぜひご来店して確かめてみてください。

酒米には、福島県産の「夢の香」をつかっており、純米酒らしい米の旨みに加えて、ほのかに白桃の香りを感じられます。

すっきりとした後味は、夏にもぴったりで、ついつい杯を重ねてしまいそうです。

ed3V5A3162

 

「寫楽」に合わせていただきたいのが、鱧の天ぷらです。

「7月の海鮮といえば鱧!」という人もいるくらい7月の風物詩なのです。

産卵前の時期にあたる7月の鱧は、脂がよくのっており、厚みのある魚肉から旨みがあふれだします。

脂がのっているといっても、しつこくはないのが鱧の特徴です。

鱧の本来の味を楽しめる天ぷらで、7月はお出しします。

ちなみに、天ぷらにつけていただくのは、ゆかり塩です。

さっぱりと夏らしく召し上がっていただこうと考えています。

ed3V5A3165

 

「寫楽」の米の風味と、鱧の淡白な旨みは、互いを引き立てます。

ちなみに鱧は、鰻や穴子に並んで、豊富な栄養を含んでいます。

疲れた夜には、鱧を食べて明日頑張るための準備をしてみてはいかがですか?

ページ上部へ戻る